生活習慣や食生活の改善

食事をするたびにプラークは付いてしまいます。又、病気や睡眠不足、ストレス

などで抵抗力が落ちている場合も歯周病菌に感染しやすくなります。

十分な睡眠、食後の口腔内ケアで感染症である歯周病を防いでいきましょう。

糖尿病にならない食生活、よく咬んで食べるなどの日常の習慣を見直す必要もあり

ます。